ホ-ムペ-ジのブログ記事1000文字を3分で簡単に書く方法 熊本の売れるホームページ制作 通販 インプルーブWEB集客


最新のニュース

HOME » ホ-ムペ-ジのブログ記事1000文字を3分で簡単に書く方法

ホ-ムペ-ジのブログ記事1000文字を3分で簡単に書く方法

2017年6月14日

ブログの記事1000文字

同じ価格と品質ならば、やはり対応の早さと接客が良い会社さんが有利

こんにちはインプルーブ和田です。

最近はおかげさまで通販のお問い合わせがたくさん来ております。

最近1番新しい案件で、ちょっと考えたのがレンタルサイトのカレンダーから予約ができるシステムです。
お客様が簡単にお申し込みができるシステムにしたいという要望で探しましたが、とても良いシステムがありました。

http://www.aiship.jp/knowhow/

とうことで、久々に業者選定でたくさんの業者さんと話して思ったことを振り返ります。

今回やってみて思ったのは、いろいろなサ-ビスの会社さんがある中でやはり対応の早さと接客が良い会社さんと、そうではない会社さんがあるんだなと思いました。

当たり前ですが、
同じ商品同じサービスだった場合は、やはり対応が良い会社さんを選んでしまいますよね。

当たり前の話ですが、弊社に当てはめてみると、この辺をやっぱり改善したいなと思いました。

やはり大事なのは、
人と人とのつながりですね。その辺をさらに心に刻み大事にしていきたいと思った次第です。

ブログの記事1000文字を3分で簡単に書く方法

さてSEO対策とよく言われておりますが、
ホワイトSEOと言われるGoogleの規定に違反しないクリーンなやり方を、
弊社も推奨しております。

その上でやはりネックになってくる部分が、毎日の記事更新ですよね。

弊社のクライアントさんには現在10,000文字を書くように推奨しております。
そして、画像入れるのはお勧めです。なぜならやはり良い内容と画像が入っている事により、とても閲覧しやすいサイトになるからです。

なるべくストロングタグ、ビータグ、などを使ってお客さん見てるユーザさんにわかりやすい記事っていうのを心がけるように推奨しております。

もちろん最近では目次をつけるのもとても有効な手段だと思います。

1番のネックなのはブログを書く時間の確保

記事を書くのに1番のネックなのは、コンテンツの内容だったりそれを書く時間の確保が1番のネックだと思います。

私自身も記事を書くと言う作業の時間を作ることがとても大変です。

なぜなら、やはりビジネスマンとしては即効性が高い効果的な作業。あとは、7つの習慣でいうところの第一領域に時間を作ってしまいがちです。

記事を書く時間に大事だと認識しつつも、どうしても2番目や3番目になってしまいます。

ですが私はこれに対してとても有効な手段を発見することができました。

iPhoneの録音機能を使えばただ喋べるだけで文字お越しをしてくれる

参考になる方もいるかもしれませんので、ここからが本題です。
私はこの機能をもうすでに3年から4年前から発見をしていたのですか、
「そうかこの手があったか!!」と言う有効手段です。

実はこの記事もその手段を使って今まさに書いているのです。

何をするかというと、

iPhoneやあなたの携帯電話のメモ帳機能を使って、
文字入力の横に見えているアイコンのマイクマークを押すと、録音機能があるかと思います。

その録音機能でただ喋べるだけで、文字お越しをしてくれるすぐれた機能をつかって。

この文章も書いているのです。だたそれだけなので文字入力の手間もはぶけて、大幅な時間の削減に喋っています。

しゃべった内容は、文字として書き起こされているので、そのままコピーペーストして記事に貼り付けるというわけです。

この方法だったら、ほんとにものの2 3分位で伝えたい文章がさらさらとかけてしまいます。

今まではそれを自分の手でタイピングしていました。当然ブラインドタッチで私でも早く記事はかけていたほうでそれでも15分ぐらいかかっていましたが、この方法があっというまに書いてしまいますね。

忙しいビジネスマンの方には、とてもうれしい発見?

ご紹介した録音機能で記事を投稿してみたところ5分弱で全部記事が投稿できました。

忙しいビジネスマンの方には、とてもうれしい発見かもしれません。

私自身「なんでもっと早く気づいていなかったんだろう」と思うのですが、
やっぱり切羽詰まらないとその辺には気づかないもんですね(笑)

ぜひ皆さんもこの機会にこの文章読んだ機会にこれを試して見られることをお勧めいたします。

それではまた。


Posted by Masanori Wada at 11:33 / 集客 ホームページ コメント&トラックバック(0)


ページトップへ